海外業者トップ5特集

取引法において非常に自由度の高いスマートオプション

fdsfsdf「60セカンズ」というのは、たった60秒の間に決済を終えてしまうという初心者にも分かりやすい取引のひとつです。今やバイナリーオプションではすっかりおなじみとなった方式ですが、その60セカンズを初めて日本市場に持ち込んだとして有名なのが、スマートオプションです。

スマートオプションにはほかにも、同じ条件のまま追加して投資のできる「ダブルアップ」や、ポジションを持続したまま期間を延長できる「ロールオーバー」など、日本の業者では見られないような、独自の取引法が用意されています。最近では60セカンズよりもさらに半分の、30秒という短いで決済するという取引も導入されており、この取引スタイルの豊富さがバイナリーオプション 各種データから比較サイトで常にトップにいる理由かもしれません。

こうしたさまざまに設定されたルールは、トレーダーに多くの選択肢を与え、自由度の高い取引をもたらしてくれるでしょう。

取引法において非常に自由度の高いSmartOptionですが、FXの為替にも13種類の多様な通貨ペアが用意されています。またそれ以外にも、34種類の株式に19種類の株価指数、6種類の商品と、計73種類もの銘柄に投資できるようになっています。

トレーダーはこれらの銘柄から、自分に合った最も利益を上げやすいものをじっくり選ぶことができるわけです。

こうしたバラエティ豊かな取引と銘柄、スピーディーで使いやすい取引プラットフォームといったポイントに加え、最小投資額は500円からと設定が低く、初心者でも気安くトレードにのぞめることも、日本だけではなく世界中の多くのトレーダーの心をとらえて離さない理由のひとつでしょう。またほかにも、最大で50%のボーナスがあったりと見逃せないサービスも行き届いています。

さらに海外企業とはいっても、カスタマーサポートにかんしても日本人スタッフがすべて配置されているので、英語が苦手という人も敬遠する必要はまったくありません。細かい質問も難しい表現も、取引にいたるまで何の障壁もなくコミュニケーションが取れますし、環境的には日本で取引しているのとまったく変わらない感覚で行えることでしょう。

さてそのサポートですが、電話やメール以外にも、ほかではあまり見られないオンラインチャットが用意されているのもポイントです。オンラインチャットならば、電話に比べても落ち着いて応答することができるので、より気軽に相談がしやすくなるでしょう。

ただし、ひとつだけ気を付けなければいけないことがあります。それは、スマートオプションではカスタマーサポートが24時間体制では運営されてないため、時間帯を確かめてアクセスする必要があるということです。電話とオンラインチャットによる対応は、日曜日から木曜日までの、日本時間で17時から23時までの間となっています。メールはいつでも送信可能ですが、すぐに返信が返ってくるわけではないので、何か疑問やトラブルがあっても時間帯にはアクセスしづらいという人は、早めに出しておくようにしたほうがいいでしょう。

COPYRIGHT 2014 FXJPSite.com